先輩の体験談

たった一か月でしたが、私の中で忘れることのできない一か月になりました!

カナダ(バンクーバー)/CCEL/4週間/寮/2012年8月/meikoさん

私にとって今回の語学留学は初めての海外でした。
準備をするのも一苦労だったし、飛行機の乗換えや、長時間のフライトも初めてでした。何もかもが新鮮で不安でもありました。

私はホームステイではなく、利便性があり、友達もできやすいだろうと思い寮を選びました。ルームシェアをすることもまた初めてでした。好きな時に寝ることが出来なかったり、寮の外もにぎやかで最初は戸惑うことが多かったです。

授業が始まりだすと自然と友達が出来ました。
友達と外食したり、観光地へ訪れることはとても楽しいものでした。
寮は食事がついていなかったのでお金がかかるので自炊をしました。時々さまざまな国の料理を食べに出かけました。トルコ、ギリシャ、韓国、メキシコなど。
ダウンタウンにはさまざまな国のレストランがあり、多文化を知るきっかけにもなりました。初めは日本食も食べに行ったのですが、あまりおいしくなかったです。

ダウンタウンはにぎやかでした。その反面ホームレスの多さにとても驚きました。女性のホームレスがいたことにも驚きました。

気候は肌寒く、特に朝方はかなり冷えました。長袖を十分に持っていなかったので買う羽目になりました。もっと事前に調べておくべきだったなあと思いました。たかが一か月と思い、何も日本食を持っていかなかったことを同じく後悔しました。寮ならば少しは持っていくべきでした。

学校はすべてパソコンを使ったので少し戸惑いました。生徒がみんな積極的だったし、日本人にも同じく影響を受けました。沢山課題が見つかりました。英語は意思疎通の手段に過ぎないことを学びました。しかし英語を話せるということはとても便利なことだと思いました。英語を通じて英語圏以外の他国の人と話ができる。当たり前のことに感動しました。バンクーバーは観光地でもありダウンタウンを歩いているとところどころ日本語が聞こえてきます。ダウンタウンはにぎやかだったし、少し歩けばすぐに海に行けること。涼しく晴れていること。とってもいい場所でした。

沢山友達はできましたが、別れはつらいものでした。たった一か月でしたが、私の中で忘れることのできない一か月になりました。

















~アンケートより抜粋~
Q.研修先を選んだ理由は?また、実際に行った感想は?
A.より実践的な英語を身に着けるために、観光スポットやショッピングをする機会を持てるバンクーバーにしました。思っていたよりも都会で、にぎやかな町でした。

Q.学校の周辺の環境について教えて下さい。
A.ダウンタウンど真ん中。レジデンスから近い。ダウンタウンの中にあるため、夜もがやがやとにぎやか。

Q.学校やクラスの雰囲気、先生やクラスメイトはいかがでしたか?
A.全てのクラスでパソコンを使用する。先生はとてもフレンドリー。日本人はあまり発言しないが、他国の人はとても積極的でした。

Q.放課後や週末は誰と何をして過ごしましたか?
A.友達とショッピングに行ったり、観光、外食

Q.出発前と比べて「変わった!」と思うことはどんな事ですか?(価値観、英会話力等)今回の研修を通じて感じた事等何でもご自由にお聞かせ下さい。
A.1ヶ月という短い間なので1日1日を少しでも充実させないと大きな結果・充実につながらないと思ったので必死でした。人に頼ることができないし、環境でも不満なことを受け入れることができた。文句を言うのではなく常にそれをチャンスにいかそうとする逆転の発想を養うことができました。何かあれば環境や人のせいにしてしまいがちだったけど、結局は自分次第でプラスに変えることができる。そういう風に考えることができるようになったこと。

Q.次回参加される方に何かアドバイスをお願いします。
A.色んな人がいるし、色んなことが起こるけど、小さいことでへこんだりしないで積極的になること。
日本人と話すと安心してしまうけど、何故自分がここへ来たのかを常に考えること。日本人と日本語を話しても意味がない。

Q.アークスリーにご意見・ご感想がありましたら、ご自由にお聞かせください。
A.お世話になりました。ありがとうございました。オリエンテーションが丁寧でした。

お問い合わせ

  • 海外旅行保険なら旅人プロテクト
  • T-TRAVEL