先輩の体験談

英語を学び続けようと思いました。

UV ESL/5週間/2015年11月/山中誠さん

Q.研修国を選んだ理由は?また、実際に行った感想は?

1つは、英語を1対1で先生たちと話す楽しさ、伝えたいことが上手く伝えることができました。
私は以前アメリカに語学留学をしていました。その時は、集団での語学勉強でした。また時間も短くお昼ですべてのクラスが終わります。
フィリピン、セブ島では朝から夜まで英語で話し、学ぶことができます。好きな時に学べ、先生たちと授業外も交流でき英語を話す機会を増やせました。これを私はフィリピン、セブ島での大きな魅力だと思います。

2つは、現地の状況を調べ知っておく。わからないことは現地の人に素直に聞くことです。私たちは現地の歴史、宗教観、価値観を調べておく。または、現地に行ってから先生たちに聞くことが大切だと思いました。

私はフィリピンの現状、問題点、歴史を知らずに行きました。現地の人たちに聞きいろいろなことを聞きました。タクシーの値段の違い、ジプニーの乗り方、フィリピンの格差問題。働くことに対するストイックな行動、日本では早朝に起き、夜まで仕事をするという考えが想像できませんでした。しかし、フィリピンの人々は当たり前のように毎日休みなく働きます。私は彼らがひたむきに働くことに尊敬しました。
わたしも日本で働くときには彼らのようにひたむきに働こうと思いました。

今後、彼らとの関係を続けていき、英語を伸ばし再度フィリピンに行き、彼らと再び交流することです。アメリカに留学した際は、帰国後英語を勉強しなくなりました。しかし、今回は彼らともっと話したい。英語で表現できる力をもっと身に着けるために英語を学び続けようと思いました。

Q.学校の周辺の環境について教えて下さい。

学校のすぐ近くにファーストフード店があり、15分歩くとモールやスーパーもあるので生活に不便を感じることはありませんでした。コンビニエンスストアも徒歩10分圏内にあります。ただ夜になるとあまり街灯がないので暗く感じることはありますが、全く危険ではありませんでした。

Q.学校(又は研修先)やクラスについて教えて下さい

先生たちは優しく、英語のわからない不慣れな学生に対してわかりやすく説明してくれました。
クラスもみんなでわからないことを全体で考え、答えを見つけるので楽しく学べました。

Q.放課後や週末は誰と何をして過ごしましたか?

平日は寮で自習室があるのでそこで勉強し、ラウンジがあるのでそこにみんなで集まり話ました。週末は、みんな計画して温泉と滝を見に行きました。先生たちとご飯を食べ、遊園地のような場所に一緒に遊びにいきました。

Q.今回の語学研修を通してのどのようなことを得ましたか?

フィリピンと聞くとあまり治安が良くなく、危険な印象でした。しかし、実際フィリピンとセブ島に行ってみると先生たちは優しく、明るく丁寧に英語を教えてくれました。イメージではもっと適当なところなのだと偏見で決めていました。しかし、実際いってみると治安も危険ではなく、現地の方たちと話しても気さくな方たちが多くイメージが変わりました。また、機会があればフィリピンに行きたいと思っています。

Q.次回参加される方へアドバイスをお願いします。

治安は本当に危険と言われる場所に夜行かなければ安全です。昼間はどこも危険な場所はありません。ただ、海外なので日本のように財布を後ろポケットに入れておくと盗まれる可能性はあるので注意してください。また、何かを誘われも簡単について行かないようにしてください。彼らは日本人がお金持ちだと思い、だまそうとする人も少なからず存在します。
持っていくと便利な物は、虫よけスプレーが役に立ちます。お小遣いは多く持っていってもいいですが。外を出歩くときは必要最低限のお金にしましょう。いつも大金を持ち歩いていると失くす心配があるので、大きな金銭はキャリーバックの中やきちんと保管できる場所にしまっておくことがベストです。

お問い合わせ

  • 海外旅行保険なら旅人プロテクト
  • T-TRAVEL
  • オーストラリア日本野生動物保護教育財団