先輩の体験談

様々な国籍のお友達とたくさんの価値観を共有出来た。

インターンシップ/4週間/2017年1月/匿名さん

Q.プログラムに参加した理由は?

留学に行ってみたかったから、そして海外でのインターンにも興味があったから。

Q.研修国を選んだ理由は?また、実際に行った感想は?

アメリカ、イギリス、カナダに比べると安かったから。治安もよく物価も少し安いから。
実際行ってみて危険を感じたことは1度もなかった。観光や夜遊びも満喫できました。

Q.学校の周辺の環境について教えて下さい。

学校の周囲には、パン屋さんから服屋、スーパーマーケット、お土産屋が密集していた。バス停も近い。レストランも揃っていた。

Q.平日の1日のスケジュールを教えて下さい。

朝8時に朝食を食べ、8:50にルームメイトと家を出て学校へ向う。9:00から授業が開始。12:30に授業が終わる。その後、インターン先へ25分かけてバスで向かう。お昼ご飯はお弁当をオフィスで食べました。そして15:00前後くらいになると帰宅する。
その後、トレーニングジムへルームメイトと友達と向かい1時間半程度汗を流す。そして17:00に帰宅。
19:00になると夜ご飯が始まりみんなで食べる。そして、お片付けを少し手伝い、部屋へ戻り、課題ややる事を済ませて寝ます。22:00くらいに寝ていました。

Q.クラスの人数や国籍はいかがでしたか?

人数:4~7人
国籍はイタリア人、ドイツ人、ロシア人、ポーランド人、そして私日本人でした。

研修先は日本人のスタッフが1人だけで後は様々な国籍の人が集まっていました。数え切れないです。

Q.学校(又は研修先)やクラスについて教えて下さい

学校の授業は日本と違い皆、適当な文法と発音でとにかく喋ります。最初は慣れませんでしたが2日も経たない内に慣れます。スマホやガムもOKな感じで始業時間もルーズです。ディスカッションがメインでその過程で先生が文法や語句の説明をしていました。学校やクラスでは初日から友達が出来て芋ずる式に仲良くなっていき非常に楽しめました。クラスは今思うと少し簡単だったので上のレベルを目指しても良かったと思いました。ちなみにクラスの難易度は変えることができます。

研修先はスタッフみんなフレンドリーでお菓子を貰ったりケーキをご馳走になったりと最高でした。お仕事もどんなことをして利益を得ているのかがある程度理解でき、良い経験になりました。
インターン先ではSNSを利用した宣伝活動、英語を日本語へ翻訳、日本への旅行企画、日本文化の紹介などを行いました。みんな親切で居心地良かったです。週に2,3回程度行っていました。日本人スタッフがいるのでマルタで日本語を使える唯一の場所でもありました。

Q.授業(又は研修内容)で特に印象に残っていることは?

授業ではイタリア人が多く授業中にイタリア語をよく使うので困りました。しかし、イタリア語を少し覚えることができました。

Q.放課後や週末は誰と何をして過ごしましたか?

放課後はルームメイトと友達とジムです。夜にはクラブやパブ、ディナーを楽しみました。
週末は、とにかく観光に行きました。首都バレッタへ行ったりゴゾ島や友達の車でマルタ北部を周遊したりしました。楽しいです。

Q.滞在先はいかがでしたか?

家族は2人、ルームメイトは4人で1人はハンガリー人で残りはポーランド人の三兄妹です。
とても親切で最高でした。部屋も広く清潔で晩御飯はできるだけ違うものを作ってくれました。

Q.学校までの通学手段・所要時間は?

徒歩で10分

Q.今回の語学研修を通してのどのようなことを得ましたか?

様々な国籍のお友達とたくさんの価値観を得ました。幅広い年齢層のお友達が英語の勉強に来ていました。19歳~58歳くらいの人がいて、30代前後の人が1番多かったです。

Q.次回参加される方へアドバイスをお願いします。

折り紙は便利です。フライトの時間が長いので飛行機の中で手裏剣や鶴の練習すると良いと思います。とても受けました。
4週間で私は400Euro持っていきました。もちろんクレジットカード(visa)も。ジムに行かなければ400Euroでことたります。むしろ余ります。浪費してしまう人、レストランにたくさん行きたい人、お土産を拘る人は500Euro持っていくといいかも知れません。
注意事項としては、当然ながら大金(100Euro以上)は持ち歩かないこと、クレジットカードは基本持ち歩かない、パスポートは持ち歩かない(コピーだけで良い)ことです。日曜日、祝日にはお店が閉まっていることが多いです。ヨーロッパではLINEはほとんど認知されていません。Facebookとワッツアップがあると良い。

親身に個別の相談をして頂いて安心しました。

お問い合わせ

  • 海外旅行保険なら旅人プロテクト
  • T-TRAVEL