先輩の体験談

留学に行けたことが勇気に、自信になった

CLICセビーリャ校/2017年8月/3週間/匿名さん

Q.プログラムに参加した理由は?

元々は1人で海外で過ごすなんて怖い、自分に出来る訳がないと思って留学には行きたくないと思っていましたが、就職までに何か自分にとっての壁を乗り越えなければならないと感じていたため。

Q.研修国を選んだ理由は?また、実際に行った感想は?

大学でスペイン語を学んでいたから。やはり治安は良くないのかなと思っていましたが、私が行ったセビリアという街は治安がまだよく安心して暮らせました。

Q.学校の周辺の環境について教えて下さい。

通学路には世界で3番目に大きいセビリア大聖堂が建っていて、とても贅沢だなと思いました。学校の周りにはお店がたくさんあって歩いているだけでも面白かったです。

Q.平日の1日のスケジュールを教えて下さい。

朝は8時半に朝ごはんを食べて、20分ほど歩いて学校に行き9時15分から授業が始まりますそして1時に授業が終わります。2時半ごろにお昼ご飯を食べた後は自由な時間になるので学校のカルチャープログラムに参加したり、自分で観光に行きました。夜9時半ごろに夜ご飯を食べて、10時半ごろにお風呂に入り、11時台には就寝していました。

Q.クラスの人数や国籍はいかがでしたか?

クラスの人数は少なくて3人で、多くて7人でした。国籍はバラバラですが、ドイツの方が少し多かったです。日本人は私のクラスでは1人でした。

Q.学校(又は研修先)やクラスについて教えて下さい

初日にオーラルのテストがあるので、そのテストでクラスが決まります。私は元々話すのがすごく苦手なので、筆記テストの点数は悪くなかったのですが、オーラルテストが上手くいかず2つ下のクラスに入ることになりました。なので授業内容自体はすごく私にとって簡単でしたが、話す練習をするにはよかったです。

Q.授業(又は研修内容)で特に印象に残っていることは?

二人の生徒が母国に帰るということで、授業内でスペインの典型的な料理であるトルティージャとガスパチョをクラスのみんなと作りました。とてもおいしく、楽しい時間でした。

Q.放課後や週末は誰と何をして過ごしましたか?

放課後も週末もほとんど学校のカルチャープログラムに参加していました。放課後はセビリアの街の観光をしたり、学校で特別な授業に参加することが出来ました。週末は泊まりでグラナダの街に遠足に行くプログラムがあったので参加していました。

Q.学校のアクティビティに参加しましたか?

たくさん参加しました。近くの美術館に行ったり、有名な建物に行ったり、学校で映画を見たりなど色々なプログラムが毎日あります。週末は泊まりのプログラムや、土曜日の日帰りで遠足に行くプログラムもありました。

Q.滞在先はいかがでしたか?

ホストマザーと二人の娘さんがいました。ホストマザーは本当のおばあちゃんのようで色々な助言や知識を教えてくださいました。

Q.学校までの通学手段・所要時間は?

滞在先のとても近くに路面電車の駅があるので、その電車に乗って学校に行くことができますが、歩いて20分なので朝は歩いて通っていました。

Q.今回の語学研修を通してのどのようなことを得ましたか?

初めてのことに挑戦する勇気です。私はこの留学で色々な初めてのことがありました。私にとってはすごく怖く、大変なこともありましたが、乗り越えて帰国出来たことが私にとっては頑張れたなと感じます。

Q.次回参加される方へアドバイスをお願いします。

私のように留学に行くことが怖いと思っている人は留学パンフレットを手に取るか分かりませんが、私は留学を自分のハードルとして設けました。正直不安だらけで、現地でも困ったことは沢山起こりました。ですが色んなところを訪れて、大変なことも乗り越えて、私には少しかもしれないですが留学に行けたことが勇気に、自信になったと思います。語学を勉強するためだけでなく、留学はあなたにとって素晴らしい経験になると思いますので、一歩踏み出してみてください。

細かくサポートしていただいたので、有意義な留学にすることができました。ありがとうございました。

お問い合わせ

  • 海外旅行保険なら旅人プロテクト
  • T-TRAVEL