ブログ

韓国留学ブログ Vol.4

こんにちは。本日は韓国に留学経験のあるスタッフより複数回に分けて現地情報をお届けしたいと思います!

最後は文化情についてご紹介します~

 

ソウルを代表するランドマークは?

文化の話をすると、その面でもソウルは非常に魅力溢れています。ソウルは朝鮮時代やそれよりも古い時代の遺産と近未来的な超高層ビルが多く立ち並ぶ新旧入り混じる都市です。ソウルで最も有名な文化財と言えば、李氏朝鮮時代の宮殿である京福宮でしょう。都市を代表するランドマークであり、かつ人気の観光スポットとなっています。その周りには韓国の伝統衣装であるチョゴリを試着できる施設があり、チョゴリを着たまま宮殿に入ることも可能です。また宮殿には国立民俗博物館が併設されており、朝鮮半島の歴史を学ぶことができます。

 

京福宮の正殿です。中は荘厳な装飾で、玉座があります。

ハングルを発明した世宗大王の銅像です。京福宮の目の前にあって、有名な観光スポットになっています。

 

 

日本人には馴染みのない街頭デモ

日本人の方が驚かれるような韓国の現代文化やお国柄の話をすると、韓国ならではの光景として人々が街頭で頻繁にデモを行っていたり、軍服を着た軍人が街中をよく歩いていたりすることがあります。前者のデモは頻繁に起こっていますが、暴動などは起きませんのでご安心ください。ただデモが行われている場所に不必要に近づくことは絶対に避けた方がよいでしょう。

 

京福宮の前の通りはデモの定番スポットとなっています。不必要にデモには近づかないようにしましょう!

 

そして後者の街中を歩く軍人についてですが、彼らは休暇中の軍人たちです。韓国軍には徴兵期間中は休暇の時でも軍服を着て外出しないといけないという規則があります。ですので、街中に軍服を着た人がたくさん歩いていても、なにか物騒なことが起きているというわけではありません。

また韓国の大学生文化についてですが、ここでも日本人の方が驚いてしまうようなことがあります。それは学生たちの勤勉さです。多くの大学の図書館は広い自習室エリアを持っており、365日24時間オープンしてあります。私もよく深夜に図書館に通っていましたが、常にたくさんの学生が勉強していました。都市の景観からそこに暮らす人々まで、日本とどこか似ているようで、どこか違う。そんな不思議な魅力があふれる都市ソウルへ、皆さんも一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

 

 

韓国にある語学学校はこちら

カウンセリングご予約はこちら

 

お問い合わせ

  • 海外旅行保険なら旅人プロテクト
  • T-TRAVEL
  • オーストラリア日本野生動物保護教育財団
  • 三井住友VISAカード
  • 銀聯カード