スタッフブログ

英語でトライ、早口言葉。

皆様こんにちは!

大阪本社の松本です。

少しずつ暖かくなり、春の訪れを感じますね!

春は新しい事を始める季節だそうで

この時期から英語を勉強して、夏に留学に行く!

なんて方も多いのではないかと思います。

英語は勉強したいけどあんまりやる気が出ない方、

英語の早口言葉はご存知でしょうか?

早口言葉は英語で「Tongue twister」で

直訳すると「舌をもつれさせるもの」です。

 

僕が留学先で覚えた、聞いた、勉強した早口言葉を

いくつかご紹介しますので、

もし宜しければトライしてみて下さい!

 

 

① Peter piper picked a peck of pickled peppers.

(ピーター・パイパーさんは

たくさんの唐辛子のお漬物を拾った)

となるのですが”p”の音は音を弾ませる必要がある為

発音には少しコツがいります。

 

②She sells sea shells by the seashore.

(彼女は海岸で海の貝殻を売る)

“sh”と”s”は日本人にとって区別しづらい音の一つ。

“s”の音はスィと発音すると通じやすいそうです。

 

③He threw three free throws.

(彼は3つのフリースローを投げた)

でました。”th”の発音。rも含んでおり

文章は短いですが難易度は高い目です。

 

 

みなさんいかがですか?

留学の際にも授業で行ったり、

留学先のお友達と練習するかもしれませんね!

 

 

余談ですが、私は小さい頃

ディズニーの「メリーポピンズ」を

自宅でよく母親と見ており、作中の

「スーパーカリフラジリスティック

エクスピアリドーシャス」

「Supercalifragilisticexpialidocious」

を練習しては自分の舌を

かみ続けていたそうです・・・。

 

そんな「メリーポピンズ」の舞台、ロンドンに

ご興味をお持ちの方は

ロンドンの語学学校をチェック!

 

GO留学の各種SNSはこちら!是非フォローしてください♪

Facebook:  https://www.facebook.com/GoRyugakuArcThree/
Twitter:   https://twitter.com/Go_Ryugaku
Instagrm:  https://www.instagram.com/go.ryugaku/

お問い合わせ

  • 海外旅行保険なら旅人プロテクト
  • T-TRAVEL
  • オーストラリア日本野生動物保護教育財団